商店街情報

善光寺表参道の老舗店店主が講師となり、こだわりの食文化講座を開講します。
鰹節を削ってだしを取る。日本茶をおいしく淹れる、信州ならではの山菜ときのこ料理の話、といずれも昔から伝わる食の手法を今に伝える講座です。

日 時
平成28年10月2日(日) 12:00 ~ 16:00
※ 歩行者天国は新田町~善光寺交差点 10:30 ~ 17:00
開催日
平成29年7月15日(土)、8月19日(土)、9月16日(土)の3回
時 間
13:00~17:00(各回約1時間×3講座)
会 場
レストランやま(問御所町)
参加費
各講座 1,000円(1講座ずつ申し込みを受け付けます)
定 員
各講座 20名(定員になり次第締め切ります)

内 容

1.「鰹節を削って、だしを取ってみよう!」(能登重鰹節店/石坂正志)
13:00~14:00
削り節のお土産が付きます。


石坂正志

2.「日本茶の歴史とおいしい淹れ方」(長喜園/宵野間信行)
14:30~15:30
玉露のお土産が付きます。


宵野間信行

3.「北信濃の山菜(秋はキノコ)を食べてみる!」(やま/赤池健)
16:00~17:00
山菜の小鉢をお召し上がりいただけます。


赤池健

お問い合わせは、長野市中央通り活性化連絡協議会 
TEL026(214)2566 FAX026(214)2567

お申し込みはメールでお受けいたします。 chuodori@nagano.email.ne.jp

 善光寺表参道景観研究会は、表参道の景観づくりの道筋をつくり、街並みづくりを誘導するための様々な活動を行っています。
表参道景観研究会は、建物や敷地の権利者、店舗や事業所の代表者、居住者が善光寺表参道の景観づくりに賛同し、平成23年8月に発足しました。

●役員・構成団体(PDF形式)

善光寺表参道景観協定

 善光寺表参道景観協定は、表参道(中央通り)の良好な景観形成に関する事柄を、私たち住民が定めるルールであり、身近なまちづくりの道具でもあります。
景観協定を締結することにより、住みたくなる環境づくりと善光寺表参道としてのブランド力・資産価値を高めることにつながります。

●善光寺表参道景観協定(PDF形式)

表参道景観づくりガイドライン

 表参道景観ガイドライン(以下「景観ガイドライン」という。)は、善光寺の表参道らしい景観づくりを総合的かつ計画的に進めていくための目標や方針、推進方策などを明らかにし、市民・事業者・行政が、協働により良好な景観づくりを実現することを目的としています。
本書は、善光寺表参道景観協定の解説書として、建築物の建築や工作物の建設などの行為の際に役立つよう、景観形成における配慮事項がまとめられています。

●表参道景観ガイドライン(PDF形式)

対象地区

対象地区(協定区域)

善光寺表参道の新田町交差点から大門南交差点の区間(道路に面する建物のある範囲)

お問い合わせ

お問い合わせは以下にお願いいたします。

善光寺表参道景観研究会事務局長
斉藤 浩昭

電話:026-228-2827
FAX:026-227-9008

ながの表参道(中央通り)周辺の商店街

各商店街ごとにセールなど開催したり、周辺の駐車場の割引き券を発行しています。
歩行者天国などの大きなイベントを開催する際には、この商店会で組織している「長野市中央通り活性化連絡協議会」が中心に企画・運営をしています。

A、大門町上商店街協同組合
B、大門町南方商盛会
C、東後町商盛会
D、西後町商興会
E、長野市権堂商店街協同組合
F、長野銀座商店街振興組合

■中央通り活性化連絡協議会の活動

「中央通り活性化連絡協議会」は、上記の商店街の代表者が定期的の集まり、中心市街地活性化のための取組みやながの歳時記などについて話し合っています。この話し合いの内容は、商店街会員はもちろんのこと、一般の方々にも公開しています。

1、会議の記録
平成18年度の会議記録
平成19年度の会議記録
2、その他